ふむ。 智式ドロップス

ふむ。

2016/01/24 Sun 22:58

またサボっちゃいそうなんで、手始めに日記みたいなものを書いてみる(笑)

週末は智友さんにお誘い頂きましてアラシゴトをたっぷりお喋りする時間を作って頂きました。
たぶんそのうち?ここを読んでくれるかもしれないので、書いておきます。
本当に楽しい時間をありがとうございました。ペコリ(o_ _)o))

同日、出掛ける前に一通のハガキが届きました。
とっても嬉しいお便りデシタ。
その方は……たぶんここは読んでいないと思うけれど…もしかしたら読んでいるかもしれないので、書いておきます(笑)
受け取りましたよ。とっても可愛いお便り。ありがとうございました。ペコリ(o_ _)o))


さて、話は戻って。嵐のお話ってどうしてこうも時の経つのが早いのでしょうか。
ラストオーダーを聞きに来られた時に、密かにエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?って思いました(笑)

何度も言うようですが、私は人付き合いが苦手なので。
自分からグイグイいくのが苦手なので(笑)
こうして楽しい時間を過ごさせてもらえることがとっても嬉しくて。

んで。正直…ブログを始めてから、いろんな方々とやり取りをさせて頂いておりますが。

直に「会うと」、

ふむ。

って納得されちゃうこともあって。
それがまあお互いに「ふむ。」ってことなら別に気にならないのですが、一方的に「ふむ。」って思われるとそっか…って落ち込んじゃったりもしたりして(笑)

「ふむ。」って何のこっちゃ!って思われるかもしれませんが、適格な表現ができない(笑)
なんて言うのかな。メールやブログのコメントで言わば「文字」でのやり取りが続いていると、お互いに勝手にイメージ作るじゃないですか。
そうして、出来上がったイメージの人と実際会うと、イメージが現実になるわけじゃないですか。

別にガッカリしたとか、イメージと違ったわ、とかそういうことではなくて、届く文字でいろいろと膨らませることのできていた人物が、実際目の前にいて言葉を交わすとそれはもう自分のイメージの入り込む余地のない「すべてが現実」なわけであって。
手に入るまでは欲しくてたまらないのに、いざ手にしてしまうともう興味が薄れてしまう、そんな感じ?(爆)

久しぶりに声かけてお会いしたら「みくもさんと会うからブログを慌てて遡って読んだ」とか言われてもね。正直傷つくわけよ。
そっか…もう興味ないか。って。声かけちゃってゴメンナサイ。って(笑)
そういうことがあると、やっぱり私は自分からいくのを躊躇してしまうから。
いつも受け身でゴメンねΣ(ノ∀`*)ペチ

だからさ、そういうの分かるんだけど。
私はよく「ふむ。」って思われて、会うのは一回こっきりの方とかもそれなりにいるんだけど(そういう方々はきっもうここ読んでないだろうから正直に書かせてもらってますが。笑)。
そういうのは仕方ないことだよな、ってこともちゃんと分かってるから、それについてどうこう言うつもりはないんですよ。


だけど、「ふむ。」って現実のみくもに会っても、その後も付き合いがまだ続くっていうのは嬉しい事だよね、って。
「またお会いしましょうね」の言葉が社交辞令じゃなくて、実現してもらえるってステキなことだよね、って。
人付き合いの苦手な私はやっぱりそう思ってしまって(笑)

分かってるのよ。ブログのイメージとは違うと思うのよ、私は。
相方には「まんまだった」とか言われたけど、やっぱり違うと思うのよ。
それでも、時々声かけてもらったり、気に掛けてもらえるのは嬉しいよね、って。

そういう出逢いにとっても感謝しているし、そこは大切にしていきたいと思う。


で。

これは何の話ですか?(爆)



自分ゴト。
ランキング参加してます。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ      

now: