こえ。 智式ドロップス

こえ。

2016/10/06 Thu 00:06

アルバムが発売されるまでの間。

私のカーステで流れるのは「厳選!やっぱここへ戻ってきちゃうよねスペシャルCD」(なんのこっちゃ)。

私の代名詞…とは言えるはずもないけど(笑)、マイガールも漏れなく入ってますし、他の曲もいろいろ入ってるんだけど、密かに私の中ではプチ多田さんスペシャルCDでもある。




いや~。怒涛の9月期は「風」に救われました。

出勤しながら「風」を聞いていて、泣きそうになってるとか私どんだけ弱ってる!って自分でツッコみながら乗り越えた日々もありました(大げさ)


でも、「風」については以前書いたと思うので、今日は「声」について。



と、思って、ぬふふ~ん♪と頭の中に残るメロディを口ずさみながらはたと気が付いた。

「声」ってこれだっけ?(´゚ω゚):;*.:;オッタマゲー


帰って確認して。
iPodでちゃんと「声」を再生してみたら…

違うかった(´゚ω゚):;*.:;オッタマゲー


あの曲が何なのかもう一回確認しなきゃ(´゚艸゚)∴ブッ


さすがにシングル曲は大丈夫だけど、古いのとか、カップリングとか、アルバム曲とかタイトル分からないのとか結構ある(ゴニョゴニョ…)
基本的に車の中でしか聞かないから、「この曲好きだ~」って思ってもタイトル分からないままの時があるΣ(ノ∀`*)ペチ


( ̄ー ̄)ゞ スマンスマン(言い方



まぁいい。とにかく、正しい「声」を再生した。
こうしてどんどん好きな曲が増えて、タイトルが合致するようになるんだからいいじゃないか(*´з`)


CDの音源は今の嵐じゃないけれど。
今の嵐を見ているから彼らの姿と声が重ねられる。

たとえば10年前の嵐がこの曲を歌って、10年前の私がこの曲を聴いていたとして。
こんなに気持ちの深い所まで届いたかな?って。


「風」に関しても同じ理由なんだけど。

「今」聴くから。

「今この曲を」聴くから。

ジンワリしちゃうんだろうな、って思うことがたくさんある。


まぁ。「声」は別れた曲なんだけど。歌詞だけ見ると、未練タラタラという言い方もある(やめなさいよ


んが。過去を乗り越えて未来に進む曲に聴こえて仕方ないのだ。



ありませんか?
たくさん曲はあるのに。なぜか、この曲ばっかり聴いてる時期があるな…ってこと。


正直、私にとって「声」を「ちゃんと」聞いたのは今回初めてかもしれない(そーなの?)
Dream "A" liveは、私がガツガツ遡ってた時に仕入れたアルバム。
好きになって一気にたくさん聞いて、そうして聞き流してしまった曲もたくさんある。

今、少し嵐への熱が落ち着いて(決して冷めてるわけではない)、そうして少しずつ「嵐」に「ちゃんと」向き合い始めている、そんな気がしてる。
そして、そんな「今」の「自分の」応援の仕方を私自身気に入っている。

最前線を追いかけるばかりが応援じゃない、ようやくそう思えるようになった。



ってなわけで、「声」に話を戻すけれど。

ソロパートで5人が繋いでいく歌い方…好き(・´з`・)
一人一人が繋いで、そして5人のメロディにたどり着く。
それが好きで。
その中の大野さんの声が好き(*´з`)

♪空を見上げて何度も思い出せば心が張り裂けそう♪

で、私の心が張り裂けそう。
なんだろうな。

悔しいこととか、悲しい事とか、なぜか浮かんでくる。
歌詞に自分のことを無理にでも重ねたくなっちゃう。
そうして歌詞の意味を、声の意味を、声の届くチカラを、自分のものにしたくなる。


♪何度も~

のところとか、特に。ここの大野さんいいわ~(≧∀≦)

マイク握って、歌っている「今の」大野さんの顔が浮かんできて。



8年前…になるのかな?発売は。

嵐さんって昔の方が大人っぽい曲を歌ってる気がする( ´艸`)ムププ
当時はどんな風に聴こえたのかな?
今歌うと、渋みが入って(←笑)すごくしっとりするんだけど。

…あれ?でも、2008年ってことは、私はこの次のアルバムからは買ってるのか…
随分前のような気がしたけどそうでもなかった(爆)
怒涛のアラシゴトが多過ぎて、遠い昔の気がしちゃう(笑)



君には君の。僕には僕の。空があるかもしれないけれど。

君と同じ空をながめたい。




CD/DVD
ランキング参加してます。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ      
« ねぎ。 | HOME | ちょうど。 »

now: