前へ! 智式ドロップス

前へ!

2011/03/15 Tue 23:30

よし!とパソコンに向かってみる。

いつも読ませて頂いているブログも徐々に通常の記事に戻り始めています。
この人も無事だったんだ、とホッとすると同時に見かけるのが「不謹慎だ」などのコメント。辛い状況の人たちがたくさん居るのに…と、非難の言葉をかけられる。そんなコメントがつけられているのを見るととても悲しくなります。
そうじゃない、ってことを解ってほしい。こんな時、少しでも気分が上向きになる人がいるのなら、ってそう思って書いてます。辛うじて携帯からブログを見ることのできる被災者がいるのなら、そんな方々が小さな楽しみの一つとして読んでくれるのなら、そう思って書いてます。どうか非人情だと決めつけないで。書いている人の本意を読み取ってください。どうか、どうかお願いします。
もちろん、こんな状態なので、更新を自粛する人もいます。それはそれで構わないと思います。それがその人の想いの伝え方。何が正しいなんて言えない。出来ることが人それぞれ違うのと同じで、一人一人の伝え方、行動の仕方があります。どうか、それを解ってください。


さて、昨日のNEWS ZEROを見ました。
村尾さんは宮城県へ行っていました。
自らも避難所生活を強いられたり、食料も満足に買えない状況であるにも関わらず、いまなお救いを求めている人たちを「助けてあげてください。お願いします。」と涙する被災者。その言葉に涙。
水が欲しい。着るものが欲しい。ライフラインをなんとかして欲しい。取材を受けながら、語りながらいろいろなものが込み上げてきて目を潤ませる被災者。それでも笑って頑張る、と語る。

村尾さんの留守を預かる櫻井キャスター
嵐さんたちは無事だと聞いていたけれど、こうして顔を見ることが出来るとホッとします。
当然のことながらいつになくかたい表情。それでもしっかりと仕事をこなしていました。
原子力発電所について詳しく説明してくれて分かりやすかったです。

そして支援のあり方について。
個人からの物資はNG。何かしたいと思う気持ちはみんな同じ。しかし、多数の個人からの物資援助は逆に被災地の混乱を招く。場合によっては、被災者にさらなる負担を強いることにもなりかねない。
私自身は過去、個人的に被災地へ物資援助などはしたことがないのですが、今回初めて知ったことも多々ありました。

今求められているのは「被災地が支援を受けるための受援システムの構築」だと。
被災地が援助を受け入れる態勢です。
物資の援助は企業・団体に任せたほうが良い。
個人として一番求められるのは「義援金」
お金です。お金があれば、被災地が「その時」必要なものに変えることが出来ます。


それから本日。J-webにて嵐さんからのメッセージが更新されました。

“僕たちは全員大丈夫です。”
“皆さんが少しでも笑顔になれるように…”

温かい言葉。少しでも多くの方々に届くといいですね。
出来るだけ前を向いていられるように、って思っているけれど、こうしてメッセージだけでも読ませてもらえると、一緒に手を取り合って、と言いますか、みんなで肩組んで、と言いますか、一つのことにみんなで立ち向かっていける気がします。

嵐さんだけでなく、他のグループ・アーティスト、それぞれの言葉でメッセージがありました。
「今、自分たちに出来ることを」


今、この記事を書いている間にも新たな地震が起きたことが放送されています。
皆様が無事でありますように。これ以上被害が大きくならないように、願いを込めて。


時事 | コメント(0) | トラックバック(0)
ランキング参加してます。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ      
コメント

管理者のみに表示

now: