みた。 智式ドロップス

みた。

2017/07/23 Sun 23:49

やっと見てきたよー


けむ。

無門様ー(@´▽`)ゥッキャ―!!



…時は遡り。

キャンペーンで各県1位の劇場に貼られたという無門感謝ポスター。
(<・>_<・>) ジィィィ!!!!!とガン見(笑)

でもその時私は慌てていた。

忍びの国のポスターが2枚貼ってあったから、ほぅほぅ(*゚д゚))あれが噂の1位ポスターなのね!(1位ポスターて)と、ゴソゴソスマホを取り出す。
そうこうしているうちに、何人かの方が私の前を通り、パチリと撮影。満足気に劇場へ入っていく。

…そんな頃私はスマホを一心不乱にイジくりまわす(´゚ω゚):;*.:;オッタマゲー
カメラが起動せず(´゚ω゚):;*.:;オッタマゲー
メモリがバカになってた(゚ェ゚`)チーン

結構時間ギリだったもんで。
もう諦めて。

帰りにまたゴソゴソして、一回スマホの電源切ってみたりしたけれど、起動せず。
無情なエラー(爆)


ρ(-ε- ) イジイジ
知ってるよ。今年の私に智運はない。来年はあるけど( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

でもさ。感謝!!の文字が本当に書いてあったのかどうか記憶がないんだけど( ゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒゴッ!!!ゴホッ!ゴホッオエェェェー!!!
あったよねぇ?(笑)
私が見たのがそうだよねぇ?

帰ってからメモリの直し方見たらちゃんと直せたけど(笑)もう一回劇場に行く機会はあるだろうか?今日はポケモンの波に巻き込まれて大変でした(笑)

あぁ。そう言えば。パンフ以外のグッズはさすがにもう置いていなかったけれど。
映画観ながら、木人が欲しくてたまらなくなりました(笑)
お友達方々のお話ですと、最初は迷っていて、何度目かに行った時に「だんだん可愛く思えてきて購入」って方が結構いらしたんですけれど、私は1回目で木人に惚れたタイプです(笑)
でも置いてないしな。と。 |出口| λ............トボトボ
グッズだけでも先に買いに行けばよかったな……とは後の祭り。

ρ(-ε- ) イジイジ
知ってるよ。今年の私に智運はない。来年はあるけど( ゚∀゚)・∵. グハッ!!



どうでもいい話が長くなりました。



そうしてようやく私の前にお目見えの無門様。

登場シーンが。

けむ。

への字眉。

ププ―(◎゚艸゚)―ププ!!


このお顔が、後半には見惚れるほど凛々しいお顔に変わるんだもんね。

人でなしの残忍さに、時折咳込みながら見入っておりましたが、そんな無門とお国のコミカルなシーンが一息つかせてくれてホッとする。

無門の前に門は無し。

されど家の門(戸)は開かず(´゚ω゚):;*.:;オッタマゲー

次郎兵衛とのシーンに始まる笑う無門。
ちょっと人を見下したような笑み。
「ニヤリ」とはまた違う。
「┐(  ̄ー ̄)┌ フッ」みたいな?(笑)無門の心情を表現している絶妙な笑みデシタ。


一万貫で人の心を操るところも。

お国に頭が上がらないところも。

無門という「人」としての在り方が見えるようデシタ。


あ、そうそう。織田家の内部のごちゃごちゃも。信雄の涙も。私は好きなシーンでした。あの涙シーン見てから、最終決戦見るもんだから、どっちも応援したくなっちゃって(笑)、どうすりゃいいのさ!とハラハラ見守りました。

それからそれから。大膳との戦いも。ドキドキし過ぎて咳込みました(爆)
大音量だから大丈夫でしょ、(´ー`*)ウンウン



結末は私の中でちょっぴり意外でしたが惹きこまれました。

人でなしが人になる。

無門の涙が人にする。


でもさ。思うのだ。

人でなしと言われる無門。

お国に惚れてさらってきた。

人を好きになるその気持ちは。

きっと「人」である証。


無門は初めからちゃんと人だったんじゃないかな、って。

十二家評定集への怒りを露わにするシーンとか。良かったなぁ。





家に帰って、落ち着いていろいろ考えてみた。

無門演じる智の喜怒哀楽。

見下したように笑う姿。
大金もらえることに、おー!と喜び叫ぶ姿。
平兵衛との戦いとそこにある意味と気持ちを悟る姿。
評定衆への怒り。
ラストシーンの涙。
お国を抱えて去っていく背中に滲む哀しさ。

いろんな無門がいたけれど、そのどれもが無門に見えた。
ドラマだとちょいちょい智が見え隠れするんだけど。

無門という一人の「人」がそこに居た気がした。

2時間の中に、一人の忍びの生きざまがギュッと詰め込まれている気がした。




なんせ1回しか見て居ないもので、純粋にストーリーを追って見てきました。
そして、取り上げればキリがないぐらい、いいシーンがたくさんで。
全部書いちゃうと読むのに2時間かかりそうなので頑張ってまとめてみました。というか書き足りんが(笑)拾いきれんが(爆)

2回目見に行けるかどうかは肺と相談ですが(もう終わりが近そうだし…)、今度行けたなら後ろの方で見ようかな。
劇場が既に小さいところへ移っているので、映画館を忘れるほどのめりこみたくてかなり前の方で見ました。字幕じゃないからいいだろうと(そう言えば字幕版も上映されてるんですね。いろんな人に楽しんでもらえるのは嬉しい)。
前の方で見て、視界はスクリーンで一杯。周囲に人もいなかったので、無門様を独り占め状態です(周りが見えなさすぎですよ。笑)。



 └忍びの国 | コメント(2)
ランキング参加してます。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ      
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re:鍵コメント ひ*******さん
こんにちは。
よ~~~やく見に行けました~…ってまた返信遅くなりました(・ω・;)

タイトルに…「えっ!?そうなの?」むしろそこにうぉー?(笑)とか思っていたんですが、原作を読み始めてほほぅ…と納得(まだ途中。笑)
無門の雄叫びも応なの?(銭が入るとこ)あれはうぉー!なの?(爆)

そうそう、うっかり無門のアクションに触れるのを忘れてしまったのですが、序盤のクルクルクルクル~♪な華麗な動きから一気に引き込まれてしまったのである。信雄のシーンも大膳の葛藤も、評定衆の悪だくみ(笑)にけっぺっ!って思うところも(笑)、全部が全部欠かせないシーンとなっておりました。ひ**さんの仰るように、また見たくなるのは無門のアクションだけではないので。登場人物すべてに垣間見える人でなしの人くささ、みたいな。そんなところに触れたいのかも。
あははっ。本当に一つ一つ細かく挙げていたらキリがないよね。
言われてみると本当、セリフは淡白というか簡潔なものが多かったですね。動きや表情で言葉を補っていると言うか、そちらで表現しているから多くを語らなくても伝わると言うか、語らないからこそ伝わると言うか…うーん…私はいつも文字数が多い割には伝えられない(爆)

山崎さん居たの!?(今頃)
やっべやっべ。見逃してるわ(笑)パンフ見て…ほほぅ…と思って私の中で終わってた(爆)

2回目本当に行けるのか?咳癖がつきました。
3回目はさすがにブルーレイになりそうだけど。

あ、木人の件はあんまり気にしないでくださいね。そんなつもりで書いたのではなかったので。
鑑賞中、身代わりくんを見てそれこそ「うぉーーー!!」って思ったんですよね、私(笑)バッグにつけると私の身代わりにもなってくれそうじゃない?って同じことを考えておりました(笑)

コメント、ありがとうございました。


管理者のみに表示

now: