嵐が大事。 智式ドロップス

嵐が大事。

2012/04/08 Sun 01:07

H (cut2012.04増刊号)

すっかり先送りしてしまったテキスト編を。

そうそう。写真編(?)で書き忘れましたが、見開きに5人が映っている写真。アゴを上げた相葉さんがツボでした。なんてい言うかちょっと俺様チックに見えて。俺様相葉さんサイコー★
(・ω・)ニュって感じの大野くんはもちろんサイコーです★

テキストはボリュームたっぷり。うだうだ座談会でしたが、今までになく5人が楽しそうな様子がビシビシ伝わってきました。


2002-2005
アイドルっぽくない、とよく言われたお話。
5人の想いがすべてではなく、周りの人・環境がそうしてくれた。
何事においてもそうですが、すべてが自分達の力じゃない、周りの強力あってこそ、驕り過ぎず。そういう考え方を5人共が根底に持っているところが人気の秘密の気がします。
5人がそれぞれ主演をはらせてもらえたらいいよね。
今それが現実となっていて、それでも5人の考え方って言うか芯の部分は全然変わってなくて。
ちょっとね、売れてくるとチヤホヤされて調子にのっちゃう、って多いじゃないですか。そうならずに普通のまま居られるってスゴいな、って。5人からしたらスゴくもなんともないことなのかもしけないけど、そう居られるってやっぱり特別な気がする。

2004年の24時間テレビでの相葉さんの手紙の話が出てました。
「トップになりたいって夢、かなえようね」
これ当時リアルタイムで見てました。その後も振り返りたくなって時々見てました。嵐さんにハマってからも見ました。ハマってから、5人のいろんな考え方を知るようになってから見ると、ムチャクチャ泣けました。がむしゃらな相葉さんの想いが伝わって泣けるってのもあるし、夢かなえられて良かったね、ってのもあるし、まだまだその先を進んでいくんだね、って応援の気持ちもあるし。

そんなお話が出てて、思わずしんみりしてしまいつつ読み進めていると…、2002-2005頃はどういう時期でしたか?の問いで
─大野さん、いかがですか?
和:覚えてんのかなぁ?
智:覚えてるよ
和:どうだったんですか、じゃあ?
智:2005年まで?何やってたんだっけね?もう覚えてない
和:(笑)覚えてねぇんじゃん!
( ゚∀゚)・∵. グハッ!!コントか!!
覚えてるよと即答した舌の根も乾かぬうちから覚えてないって大野さん!
覚えてるよって言ったことを覚えてる?って聞きたいわ!(笑)

ボリュームいっぱいのテキストの中で、いつものように大野くんの発言はちょっぴり。発言の内の半分は「ふふっ」とか「はははは」とかです(笑)貴重な大野くんの発言…どれも爆笑もんだわい!(爆)


2006-2008
「黄色い涙」私観てないんですよね。Amazonの欲しいものリストにずっと入ったままです。なので、潤くんカツラの流れの話が分かんなくてプチショック。Gの嵐でピックを投げるようにカツラを投げた件、おじぎと同時にカツラが脱げた件。その流れで深夜番組の思い出話に花を咲かせる5人を楽しく読みながら、映像が頭に浮かんでこないのがこれほど悔しいとは( ノД`)シクシク…
じゃ観ろや、ってことなんですけどね。うだうだは観ましたけれどね。今でこそ5人で喋ってるだけでゲストなんていなくても番組成り立つじゃん!って思えるけど、当時から深夜枠とは言え、うだうだで番組が成り立つってやっぱスゴいな(笑)

凱旋記念公演のお話。
自分たちは変わらないのに周りの景色がどんどん変わっていくってどんな気持ちなんでしょうね。
私ならきっと取り残された感を感じてしまいそう。嵐さんの変わらないスタンスがやはりここでも生きてるな、って。
この時から男性ファンが増えてきた。
智:それまでは女の子のキャーッ!ていうイメージだったけど、あの頃、なんか普通のおじさんがいて
( ゚∀゚)・∵. グハッ!!普通のおじさん…ふふ。家族感を感じたって言ってます。そうか…じゃ普通のおばさんの私が居ても家族感、感じてもらえるかな。安心したわ(笑)
ライブのスケールもどんどん大きくなっていったけれど「俺らは変わらない」と意識的に言い続けた翔くんとニノ。
翔:(前略)昔から支えてくれたファンの方がいるんだったらね、その人たちあっての2006、2007、その時だと思うから。「仕事と私、どっちが大切なの?」って訊かれたら、毎回ちゃんと答えますよっていうことなんじゃない?
和:うん、そうだね
潤:で、実際はどっちなんですか?
翔:ま、プライベートだと「うるせぇな」で終わりでしょうね(笑)
((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャ 翔くんにうるせぇな、って言われたいです。
大野くんにはね、ほら、聞いちゃいけない二択だから(ノ∀`) ンプ
でも、本当に初期の頃からのファンの方は大切にして欲しいですよね。ファンに大切なファンとそうでないファンがいるわけではないですし、嵐さんはそんな区別するはずもないでしょうが、結成当初からずっと嵐さんを応援してきた人たちが、もう何年もライブに行けてない、ってお話なんかを聞くと、あぁ…なんとかならないのかな、って思ってしまうんです。全盛期に横滑りして今こうしている私が言うのも何ですが。でも、ここで昔から支えてくれたファンに対する気持ちを語ってくれてて、ちゃんとそういうことも思ってくれてて、なんだかすごく安心しました。


2009-2011
─リーダーの大野さんから見ても今の嵐の形はどういう形だと思いますか?
智:なんだろうねぇ。まぁも10周年がゴールじゃなかったけど、10周年が終わって、なんかそこで……達成じゃないけど、個人的には申し訳ないみたいな感じがあって。

…あの、ゴメンナサイ。鍵部屋制作発表のエントリーで、いったい何が分かんないのよー!って言ってゴメンナサイ。
この大野くんのコメント…さっぱりワカリマセンでした( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
難解なコメント…

ふふ。言いたかったのは何から何まで気を遣われてる感じがしたこと。グーッと人気が出てきて周りの人たちの接し方が変わるってことね。
それを「怖い」と感じるって以前も言ってましたけれど。その気持ちを忘れない限り大丈夫ですよね。あとは相葉さんが引き継いでくれたので、またもや黙してしまった大野くん(笑)


2012-
これからの嵐もこれまでと変わらないみたい。
いろんなことにチャレンジする気持ちと、変わらない気持ち。
上手くバランスが取れていたら、これからもきっと嵐さんの魅力は変わらないはず。

大野くん、私も嵐が大事です(*´ー`*)
一番大事なのは家族です(爆)

雑誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
ランキング参加してます。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ      
コメント

管理者のみに表示

now: