豹変する智くん。 智式ドロップス

豹変する智くん。

2013/06/12 Wed 00:10

今朝のラジオは竜頭蛇尾。
夜歩いていたら、蛇さんが居ました(●゚ェ゚):;*.コエェ!!
ビックリして飛びのいたら踏んづけそうでした( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
頭からシッポまでヘビでした(当たり前)


ASIAN POPS MAGAZINE 104号

来たよ~


赤い部屋の成瀬さんの写真がド━━━ m9(゚∀゚) ━━━━ン!
その他に2枚載ってますけれど、すぐ分かるよね、どのシーンか(笑)

普段ポワ~ンとしたおおちゃんが、ステージの上で豹変する。
むふふ~♪大野くんの出演ドラマの制作に関わった方の話って、こういうのが読めるから好き。
だって、私だって…徐々に嵐を好きになって、再放送の魔王7話で号泣して大野くんの演技にハマって。それからバラエティでのほほん大野くん見て。そのギャップにきゅん♪としちゃった人ですから。


役が憑依する、って言われる方もいますけれど、どんなに役になりきっていても、でも、やっぱり中身は「大野智」だもんね。ドラマ撮影中だってバラエティではふんわり大野くんだったと思うし。
吸収力が半端じゃないってことなんだと思います。のり移って動かされているわけじゃないもの。大野智の意思で演じているんだから。吸収力が良すぎるだけに役に身を置きすぎて自分自身も辛くなってしまったりすることはあったんだろうけれど、それも含めて大野くんの役作りだから。


大野くんのことを語ってくれる時、たいていの人がこのギャップがスゴい、ってことを言っているから、なんだか読んでいると嬉しくなっちゃうんだよなぁ。

いろいろな姿を見せてくれる人。
だからもっと見たくなる。
だからどんどん惹かれる。

私みたいに一ファンが感じることを、実際に作品を通して関わった方も同じように感じているんだ、って思うとなんだか嬉しい。本を通じて大野くんがより見える気がする。


「アマツカゼ」の舞台を見て、舞台の大野くんは大きく見えた。
大野くんの舞台…一度は見てみたいなぁ。ドラマのように編集の手が入るものとはまた違って、舞台はまさに今そこで演じている大野くんを余すところなくみられるんだもの。私ね、嵐に限らず、「舞台」というものは見たことがなくって。演劇、ミュージカル、お笑い…どれも生で見たことない。
でも、いつか私にも見る機会が訪れるなら…大野くんの舞台を見たい……っていきなり大野くんだなんて贅沢ですか?Σ(ノ∀`*)ペチ
舞台には舞台でしか感じられない「大野智」がいると思うから。


斗真くんは現場に行くと議論になる。
意見がどんどん出てくる。それを詰めていっぱい議論して、求め演技をしてくれる。
対照的に大野くんは何も言ってこない。質問もなければ意見もないのに求める以上のものを演じてくれる。


W主演の二人。役も対照的でしたけれど、現場でまさにその違いがあったとはね~

クランクインの日の、一番最初の1話の法廷のシーンの撮影で、最初の第一声のトーンを聞いた瞬間、思わず大きく頷いてしまいました。(抜粋)

とあったので……

思わず大きく頷いてDVDを挿入してしまったではないかー(llllll゚Д゚)ヒィィィィ

1話の法廷のシーン。

真実を証明したまでです。


あれ?第一声これなの?
って一瞬思ってしまったんですけれど。
よく考えてみたら…O.A.ではそれが第一声でも、撮影の第一声がこのシーンだったかどうか分からない…

一番最初の撮影シーンってどれ~?(¶A¶)滝涙~


しかしヤバいな…。
うっかりDVDを再生してしまったために、思いがけずまた全部見てしまいそうな自分がいる(爆)
山のようにDVDが溜まってるのに。
先日もさらに頂いちゃったばかりなのに。
なぜ私は見たDVDばかり再生してしまうのだ!
この手か!この手が悪いのか!(ペシペシ)


すいません…見ちゃいそうです。
そうこうしているうちにブルーレイも発売されて、巷がザワザワし始めたらさらに見ちゃいそうです( ゚∀゚)・∵. グハッ!!



話は戻って。
7話は特に感動的でした、というお話が出ています。
((゚ー゚*)ンダンダ((。_。*)マッダグ((゚-゚*)ソノトウリ((。_。*)ダンベェ
魔王と言えば7話。6話を見ずとも7話は見るべし?(違)
1~6話までを見ているからこその、7話号泣ですから。

あの病室のシーンだけで7,8時間やり直したとか?Σ(゚Д゚;o)
誰もが妥協を許さずに創り上げた作品だからこそ、あの感動なのでしょうね。


次号に続く(。・ω・ノ)ノ【YO】


雑誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
ランキング参加してます。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ      
コメント

管理者のみに表示

now: