立ち止まる時。 智式ドロップス

立ち止まる時。

2013/12/10 Tue 00:03

日経エンタテインメント 14.01月号


日経エンタはまだ読んでなかったのですが、どうも気になる発言が大野さんのページにあるらしい、ってことで。
大野さんのページをひとまず読んでみました。


個人的には、人と深く接した年でしたね。友達ってなんだろうって、すごい考えたんですよ。

これだな。って。

ニノさんがラジオでアドレス変わってたの知らなかった、って言ってたみたいだし。なんかそういうの繋げて考えると確かに気になる。
でも。私としてはそんなに「心配だよぉ~」っていう風には感じなかったんだな。

AnaCanの方には5年ぶりに友達と食事した話もあったし。
昔からの(一般の)お友達。
智くんの世代だと結婚して、子供が生まれて、店長とか職場である程度の立場にもなって(笑)
一方で智くんは休みも限られた中で目まぐるしく仕事して、つかの間のお休みには自分が好きなことをして過ごして。
同じように過ごしていたはずの友達が、いつの間にかすごく先を行っているような、そんな気になってきたのかも?って。
自分はこのままでいいのかな。って迷ったり。
それでも大野くんの周りにはメンバーをはじめ、大切に思ってくれる人がたくさんいて。
変わりたくない。でもいつかは友達のように少しずつ変わってしまうのかな。
ってそんな寂しさみたいなものが見え隠れして。

一方で大野くんは普通に遊びに行きたい時でも、
お友達の方がファンが大勢きて大変だから…と思ったり。
そういうのを察してあえて大野くんからは声をかけ辛かったり。
嵐であり続けたいけれど。
嵐でい続けることで得られないものもあったりするんだろうな、って。


だから、AnaCanの
年齢にとらわれないで。好きなことをやってほしい。
生きてる以上、多くのことを得続けるわけだから、焦らず、ゆっくり自分なりの財産を築いていけたらいいよね。


これ。私は自分の後押しをしてくれる言葉として受け止めたけれど、この言葉。大野くんは自分自身に言った言葉でもあったのかな、って。そんな風にも思いました。


友達ってなんだろう。

って。友達とケンカした。連絡を絶ちたい人がいるからアドレス変えた。
そういう、「まんまの意味」じゃない気がしてる。
じゃあどういうことだ、って言われたら私の言葉で説明はできないけれども、こういうこと、まんまの意味で雑誌のインタビューで語るような人じゃないと思うから。

どんなに大変な想いをしてたって、本当に大変な時期はそんなことおくびにも出さず、ずっとずっと時が経って、すべてが上手くおさまった時に初めて「あの時は大変だった」って言うような人だから。
だからもしも彼が本当に友達とケンカしたり、距離を置きたい人がいたりしていても、それはきっと彼の中で一つの答えが出ているに違いない、って。

本当のところは知る由がないし、すべては私の想像にすぎないけれど。



だから私は別に何も心配してないし。
メンバーに会うとホッとする、って言ってくれて嬉しいし。
あんなにキラキラして場所にいる大野くんが悩んでいるのなら、私たちと同じなんだって、それはそれで身近に感じられるし。

結局のところ私は彼らを応援することしかできないし。


変わらないけど変わっていってる。
座談会の最後に大野さんが言ってたこと。
これに尽きる気がしてる。

変わってく寂しさと、何も変わらない寂しさ。
変わることへの不安。変わりたい気持ち。

考えて向き合って整理出来た。
きっと大野くんの中で答えはもう出てる。

立ち止まって周りを見渡してみると、自分はいったい何をやってて、何をやりたいんだろう、ってそんなことを思うこともあると思うから。
逆に、時にはそういうこともないといけないと思うから。


だからいろいろ大変なことはあると思うけれど。


私は彼らを応援し続けるし。


私は彼らが5人でいてくれればそれでいい。

5人が思う道を歩んでくれればそれでいい。




思うままに書いてみました。
時にはマジメに記事書かなきゃって思ったけれど…なんだかしんみりしちゃって私らしくないので(笑)
最後に一つだけ。
座談会ページ下部の写真。
…翔さんの目線を追ってみた。あの人は大野さんを好き過ぎる(爆)



※コメント、記事前後します、ゴメンナサイ。
いつも楽しいコメントありがとうございます。
拍手もたくさんありがとうございます。
過去記事にたくさん拍手くださった方もありがとうございました。


雑誌 | コメント(2) | トラックバック(0)
ランキング参加してます。
にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ      
コメント
ありがとうございます☆彡
私ね、日経エンタの大野さんの言葉にすごく心配になっちゃってた一人なんですが・・・みくもさんの言葉読んで、そういうことじゃなかったのかも、って。
本当のことは誰にもわからないけど、確かに何かあったとしてもそれをそのまま出す人ではないですよね。
まだまだ私、修行が足りませんでした(爆)
やっぱりみくもさんは師匠です(*´∀`)ノ

AneCanの最後の言葉。私、大野さんのこういう考えにいつも救われてきてます。
年齢を全く意識するな、ってのも難しいけど(苦笑)年齢で諦めたり自分を卑下することはなくなったかも。
その分得てきたものもあるしね♪
自分なりの財産。私も見つけたいと思います。
いつか大野さんに会った時(そんな時が来るわけないと思うけど、夢見ることは自由かと 爆)あなたのおかげでこういう生き方ができました、って報告したいなー。っていうのが妄想ですが、一つの目標です(笑)

・・・ってみくもさんに宣言してしまいましたが(爆)
深夜に重いコメを(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
Re:ひまわりさん
こんばんはー。

んふ~。心配になっちゃうって気持ちも分かるんですよ。
そういうこと、あまり口にしない人だけに「え?何かあった?」って敏感になっちゃいますよね。
私は私の感じたことを書かせてもらいましたけれど、でもね。ひまわりさんがあのテキストを読んで、初めに感じた気持ち(心配だな、って)は大切にした方がいいですよ。

私もいろんなところ読んで、そういう考え方もあるんだ~って思ったり、あ、この人のが正解ぽいな、きっと大野くんはそうなんだろうな、って思ったりしますけれど、やっぱり自分が最初に感じたことが自分の中では一番受け入れやすいし、違うかもしれないけれどそうあって欲しいって想いもあるし。
結構私、直感を大切にするタイプ…って言うか頑固なんです(爆)

どれが正しいのかって答えが誰にも分からないのなら、やっぱり私は自分が感じた気持ちを抱えて、その上で彼らを応援したいな、って。

って何言ってるんだか分かりませんけれども(笑)、私もまだまだ修行の身です~Σ(ノ∀`*)ペチ

AneCanの言葉は本当にファンの心に届きましたよね。
背中を押された人もいれば救われた人もいると思うし。
言葉自体はそんなに特別なことを言っているわけではないけれど、いろんな経験を積んで努力を続けている智くんから発せられた言葉だけに、感じるものが違うのかも。お互い、財産探ししましょうね(←なんだこの言い方w)
( ´艸`)ムププ いつか逢える機会が訪れたら、私も感謝を伝えたり、報告できるといいな。
…でもきっとモジモジしまくって終わる、に一票(゚ェ゚`)チーン(爆)

コメント、ありがとうございました。

管理者のみに表示

now: